木造 排水ドレンと外壁取合い周辺の雨漏り事象

築20年の木造住宅
一定方向からの風を伴う雨天時に暫くして雨漏りする事案。
排水ドレンと外壁取合い部分に堰を設け水の注入試験をした結果、試験開始20分後約500mℓ注入した時点で、1階建物内コーナーサッシアルミ枠部分より漏水発生したのを目視で確認。
尚、一部の水が軒天周辺部分から外部に排出されている状況。

プログラム内には、特許技術が含まれます。著作権利者の許可なく第三者がフリーライド(ただ乗り)した模倣行為、類似した資機材の二次使用を固くお断りします。

★これは、当団体の権利保護とアマケン会員の地位保全の観点から規制しています。
★この検査方法及び検査装置にご興味のある方は、使用許可を与える制度が有ります。
お気軽にご相談下さい。
問合せ
電話  042-495-9685アマケン本部事務局迄

雨漏り検診資格取得試験を函館と札幌にて実施

沖縄会場に引続き、3月13日・14日両日、北海道の「函館市交流まちづくりセンター」と「札幌コンベンションセンター」にて資格取得試験と雨漏り解決セミナーを同時開催。

沖縄県異なり、気温が0度以下になる北海道では、寒冷地特有の外装材が採用され、高気密・高断熱仕様が普及している。又、札幌近郊の住宅密集地では、「ダクト屋根」若しくは「無落雪屋根」という屋根形状が用いられている。

こうした地域性を考慮した、様々な構造体を対象に雨漏り事案の実態や解決策を解説の他、北海道の斎藤支部長から、雨漏り相談への対応について解説してもらいました。

 

木造 掃出しサッシと防水取合い部分の雨漏り事象

築10年の木造住宅で、一定方向からの風を伴う雨天時に暫くして雨漏りが発生する事案
バルコニー内側掃出しサッシ下部と防水立ち上げ取合い部分に堰を設け水の注入試験をした結果、試験開始5分後約70mℓ注入した時点で、下階の天井裏(バルコニー床下地)部分より雨漏り発生したのを目視で確認。

掃き出しサッシと防水取合いの精密検査
雨水要因分部
雨漏り発生部分

プログラム内には、特許技術が含まれます。著作権利者の許可なく第三者がフリーライド(ただ乗り)した模倣行為、類似した資機材の二次使用を固くお断りします。

★これは、当団体の権利保護とアマケン会員の地位保全の観点から規制しています。
★この検査方法及び検査装置にご興味のある方は、使用許可を与える制度が有ります。
お気軽にご相談下さい。
問合せ
電話  042-495-9685アマケン本部事務局迄

第57回 資格取得試験(雨漏り解決セミナー同時開催) 沖縄会場

今年上半期最初の資格取得試験(雨漏り解決セミナー同時開催)を3月6日沖縄会場で実施。

開催地の沖縄では、この日20度まで気温が上がり少し汗ばむ陽気の中、那覇市の「沖縄県男女共同参画センター ・てぃるる」にて実施しました。
沖縄県では、鉄筋コンクリート造が主流で、築年数が比較的古い建物も多く、講義の内容も鉄筋コンクリート造に特化した形で解説しました。

木造 雨漏りとは無関係な事案

雨漏り要因及び原因は一切診受けられない雨漏り事案。
現状、室内の壁入隅や天井の取合い周辺部にカビ(シミ跡)の発生在り。
【所見】
天井裏の野地板や柱部分に雨水浸入によるシミ跡無。
シミ跡(カビの発生)はPB表面とクロスの間の継手部分に集中している。
【推察】
壁内部の湿気がPB継手部分から室内側に排出。
壁内側にカビ発生の要因がある(浴室の様な室内側のカビ発生要因無)。
【改善方法案】
クロスを剥がしPB継手部分を塞ぐ措置をする(通気の排除)。
入隅部の取合いはビニールアングル材を使用する。
PBを乾いたウエスでカビを拭き取防カビ剤を塗布する。
【過去の処置事例1件】
上記是正工事以降、カビの再発を検知していない。
注)防カビ剤の中には、健康被害に繋がる可能性有り