雨漏り調査・修補工事はお任せ!雨漏り検診技術開発研究所

>> サイトマップ >> お問合わせ >> ログイン

 

雨漏り無料相談

関東地区:042-495-9685
関西地区:078-891-5133
東北地区:022-375-5283

その他の地域承ります。

HOME > 雨漏り相談から調査までの簡単な流れ

雨漏り相談から調査までの簡単な流れ

あらゆる建物を対象とした雨漏り検査依頼に対応 !!
建築に携わる企業・団体や一般消費者からの雨漏り検査依頼に対応 !!

● 雨漏り検査実施の流れ

1. 雨漏りに関する問合せ・相談受付 電話・メール・FAX
物件内容の聞き取り調査問診表作成は本部要員及び地域の雨漏り検診アドバイザーが作成します。
調査の簡単な流れ
建物の構造(ビル・マンション・戸建等)・築年数
雨漏り箇所・いつ頃から・どんな時に・どの程度
雨漏り修補の有無・増改築の有無 等
※設計図書類及び写真のご提出をお願いする場合が有ります。
検査見積・検査依頼書の発行
基本料・調査技術料・仮設工事費(足場設営・養生費等)
検査結果報告書作成料 他
※問診段階で不明確な部分が有る場合雨漏り検査をお断りする場合が有ります。
※雨漏り検診アドバイザーによる現調費用は別途ご相談下さい。

2. 調査・診断
現場での聴き取り調査
 現場状況(問診リストに基いて)確認
調査実施
 目視検査・水注入実験・検知器による検査
診断結果報告(口頭にて)
3. 検査結果報告書の提出
《記載内容》
物件概要・漏水箇所・検査箇所・検査方法・検査結果・原因の特定・修補提案
総合所見:建物の全体的な現況報告
4. 注意点及び留意点
◎検査報告は、結果内容に係らず中立の立場を基本とします。
 (構造上の欠陥や施工不備などの原因に関して、客観的な評価)
◎対象物件によっては、原因の特定が困難な場合が有ります。
◎隠ぺい部分の腐食や建物に与えた影響等に関する表記は差し控えます。
5. 検査に対する保証
雨漏り発生要因及び原因とする不具合発生部分の適切な修補工事を条件に、検査に関する保証を致します。

● 雨漏り検診業務の特徴

第三者機関としての役割を堅持した業務

雨漏り検診活動は極めて公共性が高い事から、公正で中立な立場を遵守して業務を遂行致します。

正確な雨漏り検査結果に基く客観的な検証

徹底した現場主義に基く知見資料と豊富な実績

● 雨漏り調査依頼先(利用者)

雨漏り検査結果報告書


総合受付 アマケン本部まで

フリーダイヤル 0120-06-1332
雨漏り検診お問合わせ
ページトップへ

Copyright © Amamori Kenshin. All Rights Reserved.
Designed by MAXI design
雨漏り相談 クリック